welcome boulderbase

うれしい設備

カラフルで広々したフロアには快適設備がそろっています 壁もスラブ~ルーフまで全9面 皆様の挑戦お待ちしております

キッズウォールあります

小学生以下向けの壁があります ※保護者の監視が必要です

ご利用ルールとQ&A

安全なプレイの為の施設ルールとよくある質問

取引先 取引先 取引先 取引先

新着情報











営業時間



※最新情報、カレンダーにてお知らせいたします




営業カレンダー






料金体系

メンバー(会員)、ビジター(非会員)、貸切の3つの利用方法があります




利用料金













    ※事前予約が必要です ご予約はこちら → 貸切予約フォーム
    ※教育機関などは30名以上の場合は別途ご相談に応じますのでお問合せ下さい → お問合せフォーム






さらにレンタルやお得な割引料金プランもあります









アクセス


※注意 音が出ます










私がボルダリアン博士だ

私の秘密基地で遊び倒したまえ!

私の名はヤギ・ボルダリアン。毎夜寝る間も惜しんで(ただしたくさん昼寝はする。)クライミングの研究している。そんな私の事は博士と呼んでくれて構わないし是非呼んでほしいしむしろ呼んでくれなきゃすねるし泣くしヤギだから反芻するぞ君の鼻先で。研究熱心な私は何冊もの本を読破しついにクライミングの真理にたどり着いた。そう。壁を登らなきゃ上達しないということにだ!!

知識だけでは登れない。そこに辿りついたのは世界で私が最初な気がする。だからこそ私はクライミング施設を作ることにしたのだ。
施設作りは体力勝負。しかし私は草食系男子なので体力はない。がしかし自慢じゃないが頭は良いしイケてる面だし視力も良い。そこで代わりに働く作業用ロボット(猫型で青いやつ)を作ることにした。がなぜか周囲の猛反対にあったため壁につけるホールド型作業用ロボット、通称ボルダロイドを作ることになった。優秀な私はたったの3年と4か月と5日ぐらいでズババーンと彼らを完成させた。優秀な仕事をする(といっても私の方がすごい。)ボルダロイドにより完成したのがこのボルダベースなのだ。

ベースは「基地」という意味が有名だが「基礎」という意味もある。初心者は(私もそうだ。)しっかりと基礎をマスターしていただきたい。中上級者ともなれば(私が認めればだが。)バランス重視のアクロバティックでセンシティブでイニシアティブな課題をズバズバ攻めていただきたい。そんな私のボルダベース(作ったのはボルダロイド)。ケガには十分気を付けて思う存分楽しんでくれたまえ(もちろん有料だ!)。

Top
メニュー